1日の水分補給はどれくらい必要なのか?

おはようございます。

目黒いべ治療院 井辺武史です。

今日の【幸せな体と心を手にするマガジン】は

 

『1日の水分補給はどれくらい必要なのか?』です。

 

暑い日が続きますがお元気ですか?

 

東京は連日、35℃超の気温で大変です。

 

そんな時に注意しなくてはならないのが熱中症!

 

その熱中症予防に必要なのが水分補給です!

 

(そんなの知ってるよー)と思われるかもしれません。

 

 

でも、ここで、お聞きします。

 

 

人は1日、どれくらいの量の水分補給が必要なのでしょうか?

 

1L? あるいは2Lでしょうか。

 

実は、1日の水分摂取量を決める公式があります。

 

それは。。。。

 

 

体重×30ml

 

 

体重が60kgの人は、1800ml の水分補給が必要となります。

 

要するに、1日に必要な水分補給の量は体重で決まるのです。

 

体内の水分と言うのは、全身のバスやトラックのような流通の役割があります。

 

そのため、水分が不足すると、全身に必要な栄養素などが運ばれずパフォーマンスが30%低下すると言われます。

 

今、夏の疲れで、体のだるさ、疲労感は脱水から来ているかもしれませんね。

 

ぜひ、皆さんも、自分に必要な水分補給をして、この猛暑を元気に乗り越えていきましょう!

 

では、今日も楽しくお過ごしください!

関連記事

  1. 認知症の最新食事法

  2. 【夕方のコーヒーはご注意!】

  3. よい睡眠は日中の運動量がポイント

  4. 運動だけで痩せるのは難しい

  5. なぜ、昼食後、眠くなるのか?!

  6. カロリーゼロはダイエットになる?!

過去のブログはこちらです

目黒いべ治療院ロゴ