股関節痛には手のツボにお灸!

目黒いべ治療院お灸

股関節痛には手のツボにお灸が効果的です!

「大腿骨頭壊死」「変形性股関節症」などの股関節の痛みには、お灸も効果的です。

当院の高麗手指鍼は、「手の中にあらゆる臓器・関節に対応するツボがある」という鍼灸術です。

そして、手の中で、股関節に対応するツボは写真の赤シールの場所です。

特に、細い棒などで押して、『ツン』と響くような場所にお灸を据えることが重要です。

基本的にお灸は熱さを感じるまで行いますが、熱さを感じたら、我慢せずにすぐにお灸を取り終了。

ヤケドの原因となってしまうので、注意しましょう!

本当に悪い方は、お灸が燃え尽きても熱さを感じないことがあります。そのような時は、新しいお灸にてもう一回熱さを感じるまで行います。

このお灸によって、股関節周囲の血行が良くなり、症状の改善につながります。また、可能であれば毎日お灸を据えてあげると、鍼の効果を持続させる効果にもつながります。

股関節の症状と上手に付き合う手段としてお灸も役に立ちます!

手の中にはまだまだたくさんのツボがあります。

ご興味のある方は、こちらのページもご覧ください➡➡➡手のツボについて

 

過去のブログはこちらです

目黒いべ治療院ロゴ