よい睡眠は日中の運動量がポイント

おはようございます。

目黒いべ治療院 井辺武史です。

今日の【幸せな体と心を手にするマガジン】は

 

『よい睡眠は日中の運動量がポイント』

最近、お話を伺っていると、睡眠障害の話が増えてきました。

 

意外かもしれませんが、高校生や大学生の睡眠障害も見られます。

 

私たちの頃と違い、特に今の大学生はオンライン授業。

オンライン授業では一日中、自宅に籠って勉強し、運動不足になっているかもしれません。

そして、実は、自宅に籠ってしまうと、あるホルモンが不足してきます。

 

それは、「セロトニン」

 

『セロトニン』は、幸せホルモンと呼ばれ、日光を浴びると体内に分泌されます。

 

そして、セロトニンは、

夜になると眠気を誘う『メラトニン』に変わります。

 

そのため、セロトニンの量が多ければ、メラトニンが多くなり、深くて良い睡眠につながるのです。

 

しかし、一日中、自宅に籠っていると、セロトニンが減少。

メラトニンも少なくなるので、睡眠が浅くなってしまいます。

 

今は、在宅ワークも含め、外出する機会が減っている人が増えています。

そのため、睡眠のカギとなるメラトニンを増やすには、日光を浴びる事が重要です。

 

最近、眠りが浅いと感じる人は、朝、しっかりと日差しを浴びてみてはいかがでしょうか?

 

 

日差しを浴びる量が増えれば増える程、睡眠の質が上がります。

最高の睡眠につながるかもしれませんよ。

では、素敵な1日をお過ごしください!

 

関連記事

  1. ポジティブな人の共通点

  2. 認知症の最新食事法

  3. 有機野菜のメリットとは

  4. カロリーゼロはダイエットになる?!

  5. 【夕方のコーヒーはご注意!】

  6. なぜ、昼食後、眠くなるのか?!

過去のブログはこちらです

目黒いべ治療院ロゴ