過敏性腸症候群ー急な腹痛ー

学芸大にある鍼灸 目黒 いべ治療院ヘッダー 腸


 ■過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群は、日常生活でストレスが原因でおこり、次のような症状が起こります。過敏性腸症候群でお腹を痛がる様子

■過敏性腸症候群の症状

次のような症状でお悩みではないでしょうか。

 急な腹痛・下痢
 急に便意を感じるが、便は少ししか出ない
 下痢と便秘を繰り返す

 

そして、過敏性腸症候群の症状が長引くと、ほんの少しのストレスでも、腸が過敏に反応するようになり、急な腹痛・下痢の回数が増えていきます。

そのため、外出などをする前に「トイレに行けなくなる」という不安を感じやすくなるので、育児中の人などは、子供を連れての外出を控えてしまうという事が起こります。

でも、もう大丈夫です。

よく頑張られました。これからは、このような症状で悩む事は無くなります。

■過敏性腸症候群の一般的な対処法

過敏性腸症候群では、腸の動きを抑える薬を処方されます。過敏性腸症候群の薬を使用すれば、確かに症状は軽くなります。しかし、薬を止めてしまうと過敏性腸症候群の症状が再発してしまいます。

過敏性腸症候群の薬

過敏性腸症候群は、仕事や日常生活のストレスからくる自律神経失調症が原因で起こります。この自律神経のバランスを整える事が薬に頼らないで過敏性腸症候群を良くする事に繋がります。

■過敏性腸症候群の鍼灸

過敏性腸症候群の施術は、高麗手指鍼で行います。高麗手指鍼の特徴として、大腸の調子を整えながら自律神経調整が同時にできるという点です。

そのため、鍼を続ける事で過敏性腸症候群の症状が軽くなり、再発リスクも低下させるという点が優れています。

高麗手指鍼で過敏性腸症候群のツボの図

高麗手指鍼では、まず、手の中の大腸のツボ(赤シール)に鍼をします。大腸のツボに鍼をすることで、急な腹痛、下痢を起こしにくくしていきます。

→手の鍼・高麗手指鍼についてはこちら

過敏性腸症候群の鍼灸のツボの位置

目黒いべ治療院で過敏性腸症候群の鍼灸をする様子

また脾気脈(緑シール)に鍼をする事で大腸などの消化器、全身の体調を整えて治癒力を高めていきます。

仕事や育児などの生活習慣からくるストレスは足腰のダルさ、体の冷え性など色々な症状を引き起こします。この足腰のダルさ、体の冷えなどが過敏性腸症候群に関係する事があります。

そのため、過敏性腸症候群の鍼灸はお腹の調子だけではなく、身体全体の調子を整えて自然治癒力を高めていきます。

過敏性腸症候群の鍼灸で気を調整する場所

 

 《お客様の声》

気軽に子供と外出ができるようになりました!

     東京都・31歳・女性                                                                                   9月頃から激しい腹痛、下痢が発作的に起こるようになっていました。投薬も効きませんでした。主人に鍼治療を勧められて、目黒いべ治療院へ行きました。3回目頃の治療から、鍼の効果を感じられるようになりました。今は、ギリギリと痛くなることがなくなり、下痢もなくなりました。おかげさまで本当に元気になりました!ありがとうございました!     ※個人の感想です                                                                                       お客様の声 7

■過敏性腸症候群の症状で悩む方へ

「急にお腹が痛くなったらどうしよう。。。」と悩んでいると、仕事や日常生活で大きな支障がでます。

また、食事面も消化の良い物が中心になり、好きな物を控えてしまう事があります。

私は、鍼灸を通して何気ない日常を楽しく過ごせるようになって欲しいと願っています。そのためのサポートはしっかりといたします。

もし、過敏性腸症候群でお悩みの方は、ぜひ、ご相談下さい。宜しくお願いいたします。

■料金

・初診料・・・2000円

・施術料・・・5000円

・回数券・・・23500円(5回分)

 

 目黒いべ治療院

東京都目黒区鷹番2-20-5 晃立ビル102

TEL 03-6452-2332

診療時間:10:00 ~ 20:00

定休日:日曜日

目黒いべ治療院 場所 学芸大学駅徒歩2分